戻る


                フォンフィンファン (196年)

2005年11月のキリバン曲紹介。

極力音符を減らし、音の長短を抑え、
スローでのノリを追求した楽曲、
ランミュージックの真髄があります。


尚、90年半ば頃、前のアパートの隣の棟からガンガン、
パクったのが流れて来ていました。(逆回転の逆戻し曲)

オカマっぽく聴こえて来ていたので、それにも注目。
抗議文提出のきっかけになった出来事かな。
その後は散々ですが。













批評、感想、酷評は任せます。