戻る

                 さわりんV 1 (193年〜19)

2017年月の月間配信曲紹介。
さわりんV 1 (サンプル曲) 

スイスイスイスイ (1973年)
落下水 (197年)

脈打つ心はつっ走れU (197年)


スイスイスイスイ

街の灯りが  夜のしじまに 消える時
僕の心は   夜のしじまに 吸い込まれる
風も無く 星もない 夜は香り捨て
風も無く 星もない 月は沈んだのか

こんな寂しい道を走る夜は
夜空に星ぐらいなくちゃ寂しいよ
そして スイスイスイスイ と流れ星も

弾けて飛んだ 夜のひととき 何して遊ぼう
飛んで弾けた ピエロの顔に 笑いを誘おう
風も無く 星もない 夜は香り捨て
風も無く 星もない 月は沈んだのか

こんな寂しい道を走る夜は
夜空に星ぐらいなくちゃ寂しいよ

そして スイスイスイスイ と行かなくちゃ


落下水


何やら落ちてきた 頭に落ちてきた
頭を濡らしてる 体はずぶ濡れだ
空を仰いで 一言物申す

それは一体何ですか
僕は あーあー 冷たくなってゆく
とても温かでは いられない

貴様を抹消する
言う事聞かないものは
すべて抹消する


何やら落ちてきた 頭に落ちてきた
頭はまっ白だ 体はまっ白だ
空を仰いで 空中まっ白だ

それは一体何ですか
僕は あーあー 冷たい雪だるま
冷えた心で生きてゆけ ですか

貴様を抹消する
言う事聞かないものは
すべて抹消する


脈打つ心は突っ走れU

いけない事をしてしまい
穴があったら隠れたい
白い蒲団と掛け布団
僕は便箋で中に入る
明日はきっとお月さん

あー 僕は持て余し過ぎている
だから 諾い諾いましょうとねんねこせ

風が頬を切り裂き
足はズタズタすり減らし
稲妻が僕を焦がし
闇が僕を孤独にする
月に行くまで尽きるみたい

あー 僕は夢の中で洒落を言う
だけど 余りの不味さにあちこち痒くなる

目が覚めると月だった
我 お月に佇まん
流れ星が飛んできて
我 お月に戯れん
逃げても逃げ切れないで

あー 僕は穴の中にいるみたい
だけど 夢の中で落ちがついてあちこち蒼くなる

流れ星に刺された
ところが赤くなって
痛くはないのにと
つねって試してみる
よく見ると輪ゴムの痕が

あー 「御伽のように落っこちれ」などと
僕の 声が聞こえてくるけどもう落ちは付きました

03:31






批評、感想、酷評は任せます。