戻る

                 さわりんU 4 (193年〜19)

2016年12月の月間配信曲紹介。
さわりんU 4 (サンプル曲) 

対 影 (1975年)
花の願い3
(1976年)
風はいらない
(1977年)


対 影 (1975年)

夕暮れにもたれてタバコを吹かす
地球に大きな影が出来
私の前にも影が出来
待ってたように歩き出す
前になったり後になったり
その人は忙しないが
足並みだけはピッタリ合わせ
ともすると躓くのはこの私 

車のライトは幻覚魔
私の前であなたは泳ぐ
あなたの前で私が泳ぐなら
私はあなたの周りであなたになって
あなたの私はしどろになって
あなたの足は私の足の隙間から
伸びているのはあなたの私
一瞬あなたは北極へ行き
氷河の先へタッチして
一瞬あなたは消えるから
私はあなたよりオーライで
あなたの私は光の中へ飛び込んで
あなたの私のあなたは南極から飛んで来て
私のあなたは私の下へ滑り込む
あなたの私のあなたは重そうに
「私のあなたじゃなかったか」と
体ピクピク震わせてブツブツと
あなたの私だったはずのあなたは黙って喋る
あなたの私の口から煙草が落ち
あなたの口へと落ちて行き黙ってふかす

煙は真っ赤に萎縮して道路にへばり付き
物凄い速さで猫が道路を横切る
影も残さず


花の願い3 (1976年)


小鳥達も笑って笑って 雨上がり
あなたが外へ 飛び出すのを
見守る 夢に見守る

花になれば 花になれば
花になれば 花になれば
永遠に咲く花の 白い白い
精一杯の 花になる

小鳥達も笑って笑って 雨上がり
あなたが外へ飛び出すのを
見送る 夢に見送る

花になれば 花になれば
花になれば 花になれば
永遠に咲く花の 白い白い
精一杯の 花になる


風はいらない (1977年)


忘れられない名前が一つ
取って点けて飛ばすように
夏の盛りの花火に寄せて
遠くで見送る他人になりたい
配所の月に矛向けて

誰が点けてくれりょうか
誰が点けてたまりょうか
風はいらない

壁に手を掛け踏ん張って
この家潰す分けじゃない
口いっぱいに躍り出るわ
三日三晩の別れ酒さえ
忘れられない断腸花

花火の一つも出やしゃんせ
花火の二つも出やしゃんせ
風はいらない

一度降りた人間が
生まれ変った顔をして
軽率でしたと言い出さず
おはようを二度も言い出せば
疑われるのは当たり前

死んでから泣いてやる
死んでから笑ってやる
死んでから怒ってやる
死んでから花火は点く
風はいらない


02:49






批評、感想、酷評は任せます。