戻る


                   蝉 (1973年)

2008年、8月の楽曲紹介。

 (1973年) 

夏風そそぐ 木立に座り
飛まつを拭い 耳を澄ますと
そのままスーッと 吸い込まれるように
幼い頃が 目に浮かぶ

蝉の声


川音も遠く 青葉に閉ざされ
振り向いただけで 静けさが深まる
樹木に耳を 眼を見張り
見えた青い 生命が

蝉の羽化


七年の沈黙を 脱ぎ捨てて今
真っ只中の 夏を歌う
まるで煮えたぎる 生命を
声に託した 挽歌

蝉の声






Am から C の繰り返しで、後半に C から Am
に変わります。
同じコードを変えただけで、ガラリと雰囲気が違います。













批評、感想、酷評は任せます。